文字をもとに戻す 文字を大きくする

ホーム

高齢運転者免許更新の流れ

高齢講習とは

データ(事故状況)

リンク

高齢者講習とは

講習の対象となる方

免許証の更新期間が満了する日の年齢が70歳以上で免許の更新を行う方です。
なお、75歳以上の方は、講習の前に講習予備検査があります。

講習の受講期間

免許証の更新期間が満了する日の6か月前から受けることができます。
講習受講可能期間の図
注意:更新期間満了日が日曜・祝日の場合はその翌日までとする。

手数料

70歳から74歳の方
5,600円(講習手数料のみ)
75歳以上の方
5,850円(検査手数料650円+講習手数料5,200円)

講習内容(70歳から74歳の方)

高齢者講習
・ビデオなどで、交通ルールを再確認します。
・機械を使って、動体視力や夜間視力などを測ります。
・車を運転して、指導員から助言を受けます。
・危なかった点などを話し合います。

講習内容(75歳以上の方)

講習予備検査
・検査の結果を講習に役立てます。
高齢者講習
・ビデオなどで、交通ルールを再確認します。
・機械を使って、動体視力や夜間視力などを測ります。
・車を運転して、指導員から助言を受けます。指導員は、検査の結果に基づいて助言します。

講習予備検査の方法とその内容

講習予備検査は、検査員の説明を受けながら、検査用紙に受検者が記入して行います。
検査では、次の3つの検査項目によって、受検者の記憶力や判断力を判定します。
検査項目
(1)時間の見当識
時間の見当識 検査時における年月日、曜日、時間を答えます。
時間の見当識
(2)手がかり再生
手がかり再生1
手がかり再生2
ア.
4種類のイラストが描かれたボードが4枚提示され、検査員の説明を受けながら記憶をします。
イ.
別の検査(介入課題)を行います。
ウ.
介入課題が終了したあとに、アで記憶をしたイラストを ヒント無しで回答します。
エ.
アで記憶したイラストをヒント有りで回答します。
手がかり再生
(3)時計描画
時計描画
ア.
まず、時計の文字盤を描きます。
イ.
次の指定された時刻(例:11時10分)を示す針を、その文字盤の上に描きます。
時計描画

講習予備検査の結果の判定

検査終了後、採点が行われ、その点数に応じて、「記憶力・判断力が低くなっている方」、「記憶力・判断力が少し低くなっている方」、「記憶力・判断力に心配のない方」の3つの分類で判定が行われます。
検査から採点、結果の通知まで、30分程で終わります。

高齢運転者免許更新の流れ

75歳以上の高齢者講習は、講義(30分)、運転適性検査器材を使用して動体視力や反応速度を測定する講習(1時間)、実際に自動車を運転して行う講習(1時間)の3つのカリキュラムで、講習予備検査で判定された結果に基づいた、きめ細かな講習が行われます。
また、検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」とされ、一定の期間に特定の交通違反(信号無視や一時不停止など)がある場合には、専門医の診断を受けなければならず、認知症と診断された場合は、免許が取り消されます。
yaPageTop